薄毛予防には過度な飲酒は厳禁

薄毛予防には過度な飲酒は厳禁です。気を付けてください!

薄毛予防のためにサプリメントを飲んだり、高い育毛剤を使っていても、
過度な飲酒を毎日続けているとしたら、予防にはなりません。
度を越したアルコールの摂取は健やかな髪の成長を妨げます。
なぜ飲酒が薄毛に繋がるのかを詳しくご説明します。

 

まず知っておいていただきたいのは、
お酒そのものが薄毛に繋がるわけではないということです。
お酒を飲むことでストレスが発散できるのは事実です。
問題なのは、「過剰に」摂取することです。
お酒を飲みすぎることで肝臓への負担を大きくすることが
薄毛にも関係してくるのです。

 

アルコールは肝臓で分解されますが、アルコールの量が多ければ多いほど、
肝臓は活発に働き続けなければなりません。
肝臓はアルコールの分解だけでなく、たんぱく質の合成も行っている臓器です。
髪の毛は主にたんぱく質でできていますから、アルコールの分解で忙しく働き続ける肝臓には、
髪を育てるために必要なたんぱく質を作る余裕までありません。
そのため、髪の成長を妨げてしまうのです。

 

これだけではありません。
アルコールは肝臓でアセトアルデヒドという物質に変わります。
この物質は毒性があるので、
肝臓はアセトアルデヒドを無害に変えるために頑張って働いてくれます。
しかし、アルコールの量が多すぎるとアセトアルデヒドの分解に時間がかかってしまいます。
アセトアルデヒドがすぐに無害な物質に分解されれば良いですが、
多量の飲酒でアセトアルデヒドが長時間体内に残ってしまうとなると非常に問題です。

 

アセトアルデヒドは毒性があるだけでなく、
薄毛の主な原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という
男性ホルモンを増やす特徴もあります。
ジヒドロテストステロンを抑制することこそが薄毛予防の重要なポイントになりますから、
過度な飲酒はどれだけ良くないか、お分かりいただけることでしょう。

 

しかし、先ほど述べたとおり、飲酒はストレス解消に繋がります。
仕事の疲れやストレスを晩酌で癒している方はたくさんいます。
いくら薄毛予防のためとはいえ、大好きなお酒をいきなり辞めるのは難しいことです。
一切飲まないと決めると、お酒を飲みたいという気持ちと
我慢する気持ちとがぶつかり合って、ストレスを高めてしまうかもしれません。

 

お酒を飲みすぎないように気をつけたり、週に何回か飲まない日を設けるなど、
今よりも量を減らす工夫をしていくと良いでしょう。
無理なく続けられるよう、自己管理をしながら薄毛予防を行っていきましょう。

関連ページ

薄毛予防は食生活を見直す
薄毛予防には食生活を見直すこと
薄毛予防には十分な睡眠を
薄毛予防には十分な睡眠をとることが必要です。
薄毛予防には煙草を控える
薄毛予防には煙草を控えることが重要です。
薄毛予防には専門医のもとで
薄毛予防には専門医のもとで行うことが確実です。