薄毛予防は食生活を見直す

薄毛予防には食生活を見直すこと

薄毛予防の基本として、食生活の見直しがあります。
どれだけ高価な育毛剤やサプリメントを使っていても、
食生活がひどく乱れていたら効果はあまり期待できません。
食生活の見直しをすることは健康維持に欠かせないことです。
つまり、頭皮の健康な状態を維持するためにもやはり食生活の改善が必要なのです。

 

そこで、薄毛予防に良い食品をご紹介していきます。

 

AGA発症の原因となる物質はジヒドロテストステロン(DHT)ですが、
この物質は還元酵素の5αリダクターゼと結びつくことで発生する特徴があります。
大豆イソフラボンや亜鉛には、5αリダクターゼの働きを抑える作用があることが分かっています。
ですので、大豆イソフラボン、亜鉛を多く含む食品を積極的に食べることで
抜け毛や薄毛を防ぐことができます。

 

大豆イソフラボンが多い食品といえば、大豆製品です。
豆腐、味噌、豆乳、納豆など身近な食品に大豆イソフラボンを多く含む
食品があるので積極的に摂取していきましょう。
また、亜鉛を多く含む食品は、カキ、ゴマ、しじみ、卵などがあります。
亜鉛も身近な食品から摂取できるので、
食事を工夫して薄毛予防に取り組んでいきましょう。

 

薄毛予防に良い食品を摂取することと同時に、
薄毛を進行させてしまう食品を避けることも大切です。
薄毛を進行させる食品は、砂糖や脂が多く使われている食べ物やビールなどの刺激物です。
添加物が多く使われているカップラーメンやファーストフード、
コンビニ弁当なども避けたい食品です。
添加物は身体にとって害ばかりで、メリットは何もありません。
できるだけ手作りの食事を取ることが薄毛予防につながります。

 

食事に気を遣うことはとても大切ですが、
食事を手料理する時間的余裕がない人も多いでしょう。
特に一人暮らしをしている人は、食生活が乱れがちです。
その場合は、サプリメントで足りない栄養素を補うと良いでしょう。
サプリメントには多くの種類があるので、
薄毛対策に良い成分が豊富なサプリメントを選ぶようにしましょう。
先ほど述べたように、大豆イソフラボンと亜鉛は必須ですし、
他にもノコギリヤシや緑茶エキスが含まれているサプリメントも薄毛対策におすすめです。

 

薄毛が進行してから食事を見直すよりも、
まだ髪がたくさん生えているうちに対策を行っていくことで、
その状態を長く維持していくことができます。
食生活の見直しは面倒に感じるかもしれませんが、
大切な髪を守るためには重要なことだと認識しておきましょう。

関連ページ

薄毛予防には十分な睡眠を
薄毛予防には十分な睡眠をとることが必要です。
薄毛予防には過度な飲酒は厳禁
薄毛予防には過度な飲酒は厳禁です。気を付けてください!
薄毛予防には煙草を控える
薄毛予防には煙草を控えることが重要です。
薄毛予防には専門医のもとで
薄毛予防には専門医のもとで行うことが確実です。