AGA 男性ホルモンの影響について

AGA 男性ホルモンの影響について

AGAの原因を探るにあたって、男性ホルモンとの関係を外すことはできません。
男性ホルモンにはいくつかの種類がありますが、
男性ホルモンの95%はテストステロンという物質です。
テストステロンこそが、女性にはない
男性特有のたくましい体つきや男らしい性格を形成しているものです。
テストステロンの分泌量が低下することで男性更年期などの症状に悩まされる原因になるのですが、
AGAにおいては、テストステロンの分泌量の低下は関係ありません。
それよりもテストステロンが頭皮に存在する還元酵素と結合することがAGAの原因に直結するのです。

 

 

頭皮に存在する還元酵素は5α-リダクターゼです。


 

この酵素はテストステロンをジヒドロテストステロン(DHT)という物質に代謝する働きを持っています。
実は、このDHTこそが健康な髪を育てる働きを阻害する物質なのです。
ちなみに、5α-リダクターゼとテストステロンによって作られるDHTは非常に強い男性ホルモンです。

 

テストステロンの分泌量が多い少ないということよりも、
還元酵素の5α-リダクターゼの活性力が高いか低いかによって発症が左右されるということです。
なお、還元酵素5α-リダクターゼの活性力には個人差があります。

 

もうひとつ、AGAと関係する男性ホルモンの働きがあります。
毛乳頭にはアンドロゲンレセプターという男性ホルモン受容体がありますが、
この受容体とDHTが結びつく性質があります。
双方が結びつくと、増殖抑制因子TGF-βという物質を生み出します。
TGF-βは健康な髪を育てるうえで必要不可欠な毛母細胞に対して、
脱毛の指令を出す物質です。
そのため、TGF-βが増えるほどにAGAが進行していくということです。

 

まとめると、男性ホルモンにおけるAGAの原因は主に2点に絞られます。
まず、テストステロンと5α-リダクターゼが出会うことで生まれる
ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAに関与しています。
さらに、アンドロゲンレセプターとDHTの結合によって生まれる
増殖抑制因子TGF-βが脱毛を進めているのです。

 

 

男性ホルモンの分泌量や活性力には個人差がありますし、
日常生活において男性ホルモンを簡単に減らしたり増やしたりすることはできません。
しかし、5α-リダクターゼの働きを抑制するフィナステリドという治療薬があります。
治療薬を使うことで、AGAの原因のひとつである男性ホルモンに対して
適切なアプローチをすることができるのです。

関連ページ

AGA ストレスの影響について
AGAとストレスは切っても切れない関係にあります。
AGA 食事・生活習慣について
AGAは食生活からも影響します。