AGA ストレスの影響について

AGA ストレスの影響について

 

AGAの原因のひとつにストレスも指摘されています。
なぜストレスが脱毛に関係するのか、詳しく見ていきましょう。


 

まず、ストレスを感じることによって、体には様々な変化が現れます。
そのひとつに血流量の低下が挙げられます。
血流量が低下すると体の隅々にまで栄養を届けることが難しくなったり、
老廃物の排出力が落ちたりします。
簡単に言うと、代謝が悪くなるということです。
血流量が下がれば、頭皮に必要な栄養が不足しがちになります。
健康な状態なら、髪を育てるために必要な栄養素が十分に行き届いているため、
太くて丈夫な髪の毛を生やすことができますが、
栄養が足りなければヘアサイクルが乱れてしまうので、結果的にAGAを引き起こすのです。

 

また、過度なストレスにさらされ続けると、多くの人が不眠症を発症します。
ストレス増えると自律神経の働きが乱れ、交感神経が異常に過敏になり、
副交感神経の働きが弱くなります。
副交感神経が優位な状態はリラックスしている状態で睡眠中もこれにあたります。
しかし、ストレス過多で交感神経の働きが過敏になれば、ぐっすり眠ることができません。

 

夜寝ている間は、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる時間です。
その大切な睡眠がストレスによって奪われると、やはり髪の成長サイクルも乱れます。
たっぷり眠ることで体の疲れを癒してストレスに負けない丈夫な体を作ることができるので、
睡眠をとることはとても大切です。
ストレスと睡眠は一見関係が薄いようでいて、非常に深く関係しているものです。

 

 

今の時代は誰しもが大なり小なりのストレスを抱えています。
そのため、ストレスゼロの生活をしようというのは無理があるでしょう。
今できることは、ストレスを上手に発散させる方法を見つけることです。

 

ストレス発散方法は人それぞれで違います。
スポーツで汗を流すことでストレスが解消できる人もいれば、
ゆっくりと一人で静かに過ごすことでストレスを解消できる人もいます。
自分自身にとって、最適なストレス発散方法を探り、
それを実践していくことがAGAの進行を妨げることに繋がります。

 

また、ストレスの影響を受けやすい人とそうでない人がいます。
ストレスの影響を受けやすい人は人に気を遣うことが多く、
なかなか自分の意見を言えないタイプです。
あまりにも周囲に気を遣いすぎる人は、ストレスをためない為にも、
自分の意見を優先させる練習をしてみると良いでしょう。
ストレス発散、ストレスに強い身体を作ることに意識を向けていきましょう。

関連ページ

AGA 男性ホルモンの影響について
AGAと男性ホルモンの影響について説明します。
AGA 食事・生活習慣について
AGAは食生活からも影響します。