AGA治療薬フィナステリドの服用

AGA治療薬フィナステリドの服用

 

フィナステリドはAGA治療で効果が認められている成分です.
AGAの原因のひとつ、5αリダクターゼの
活性を抑える働きがあります。


 

フィナステリド錠としていくつかの製薬会社で販売されています。
国内で承認されているフィナステリド錠は
MSD株式会社が製造しているプロペシアだけです。
他に、海外の製薬会社で製造しているフィナステリド錠があり、
フィンペシアやエフペシア、フィナロもフィナステリドです。

 

フィナステリドの副作用には、性欲減退、食欲不振、倦怠感などがありますが、
症状の重さには個人差があり、まったく感じない人もいます。
また、フィナステリドは成人男性のみに効果がある薬です。
女性が飲んでも効果がない薬ですし、妊娠中の女性が飲む事は決してあってはなりません。
お腹の子どもが男の子だった場合、生殖器官の発育に悪影響を及ぼす危険があるとされています。
また、肝機能障害がある方も服用には注意が必要です。
医師に相談したうえで薬を服用を検討することが大切です。

 

フィナステリドは毎日服用を続けることで効果が実感できます。
1日の服用量は0.5mg〜1.0mgが適切で、
プロペシアには1錠で1.0mgのフィナステリドが配合されているので、
1日に1錠飲むのが一般的です。
そのため、1日1回決まった時間に飲み続けていくのが基本です。

 

フィナステリドの服用方法

飲む時間帯には特に指定はありませんが、毎日だいたい同じ時間に飲んでいくと良いでしょう。
薬1錠を半分に割って2回に分けて飲む方もいますが、フィナステリド錠ではオススメできません。
錠剤にはコーティングが施されているので、
コーティングが取れた状態で口に入れることになります。
コーティングにもきちんと意味があるので、薬は正しい服用方法を守りましょう。

 

 

フィナステリド錠の購入方法は2つあります。
医療機関での診察を受けて薬を処方してもらうか、個人輸入で購入する方法のどちらかです。

 

個人輸入で手に入れたフィナステリド錠は品質が保証されていないこともあるので、
購入する際は充分な注意が必要です。
実際、フィナステリドの類似品も存在しています。
個人輸入で何かしらのトラブルが発生しても、すべて責任は自分にあります。
この点をよく頭に入れておかなければなりません。

 

個人輸入に少しでも不安がある方は、AGA治療のクリニックで薬を処方してもらうと安心です。
副作用について、AGAの治療について、随時相談しながら治療を続けていくことができますので、
より高い効果が期待できるでしょう。

関連ページ

AGA治療薬のジェネリック薬品について
AGA治療薬のジェネリック薬品について説明します.
AGA治療薬ザガーロとは
2015年9月28日に厚生省から認可を受けたAGA治療薬ザガーロについて説明します.