AGA治療薬ザガーロとは

AGA治療薬ザガーロとは

 

AGA治療薬はフィナステリドとミノキシジルという
2つの成分が有効とされていて、
フィナステリドが主成分のプロペシア、ミノキシジル配合の
リアップとロゲインが使われていました。
主に、フィナステリドは内服薬、ミノキシジルは外用薬です。


 

そして現在、AGA治療薬の内服薬が新たに登場しました。
それが2015年9月28日に厚生省から認可を受けた「ザガーロ」です。
ザガーロはイギリスのグラクソ・スミスクライン株式会社で開発された
AGA治療薬で0.1mgと0.5mgの2種類があります。
もともとは前立腺肥大症の治療薬として使われていた成分です。

 

ザガーロにはデュタステリドという成分が使われていて、
プロペシアと同じように、AGAを進行させるDHTの生成を抑制する効果があります。
しかし、プロペシアと作用がまったく同じというわけではありません。
DHTの生成に必要な還元酵素「5α-リダクターゼ」への働きかけに違いがあります。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドの場合は、
5α-リダクターゼU型の働きを抑制することができますが、
ザガーロは5α-リダクターゼU型に加え、T型の働きも抑制することができるのです。
つまりザガーロの方がより高い効果が期待できるということです。

 

日本では2015年11月24日に発売が予定されていましたが、
発売の前に延期することが発表さました。
現在も発売開始期間は未定のようで、正式な発表はありません。
ザガーロを製造しているフランスの工場での生産がストップしている状態で、
日本だけでなく世界的に手に入りにくい状況が続いています。

 

ザガーロの服用方法は、プロペシアと変わりはありません。
1日1錠を毎日飲んでいきます。
また、服用の時間は自由なので、ご自身で好きな時間を設定することができます。
また。成人男性にのみ効果が認められているもので、女性や未成年が服用することはできません。
副作用は性欲減退、勃起不全などがあります。

 

ザガーロがプロペシアよりもAGA治療薬として高い効果が期待できるとして、
日本での発売を心待ちにしていた方もたくさんいます。
韓国では2009年からすでにAGA治療薬として販売されていますし、
前立腺肥大治療薬としてはかなり前から世界各国で使用されてきた薬なので、
新薬だからと特別心配することはなさそうです。
現在はまだ発売について新しい情報が出ていませんが、
発売されればAGAに悩む多くの成人男性の救世主となるに違いありません。

関連ページ

AGA治療薬フィナステリドの服用
AGA治療薬の一つフィナステリドについて説明します.
AGA治療薬のジェネリック薬品について
AGA治療薬のジェネリック薬品について説明します.