育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

 

抜け毛や薄毛で悩んでいる方の多くが使っている育毛剤。
この育毛剤には正しい使い方があることをご存知でしょうか。
この育毛剤の正しい使い方をご紹介します。


 

育毛剤はただやみくもに塗布すれば良いという物ではありません。
正しい順序と使い方をすることで、頭皮はもちろん毛細細胞にまで
しっかりと成分や栄養を行き渡らせる事ができます。
毛穴に栄養素が行き届くことによって薄毛・発毛に有効な成分を
留まらせておけばそpれだけ発毛効果を長時間キープさせることが出来るのです。

 

正しく育毛剤を使うにはまずお風呂から

正しい育毛剤の使い方は、まずお風呂に入る前から始まります。
お風呂に入る前にブラシやクシを使って髪の毛のホコリや髪の毛の絡まりをしっかり解きます。
ブラシやクシにはこのほかにもマッサージ効果が得られます。
普段ブラシやクシを使わない人にとっては少々面倒な工程ではありますが、
慣れてくると日課になるので是非行ってみてください。

 

湯船にゆっかりつかる

次に湯船にゆっくりと浸かって体を温めていきます。
ここで頭皮の毛穴が開き、シャンプーをする時に
毛穴の汚れやフケなどが落ちやすくなるからです。
また、湯船にしっかりと浸かる事によって全身の血行がよくなるので
頭皮から育毛剤の成分を効率よく吸収させることが出来るようになります。

 

シャンプーをする時、指は絶対に立ててはダメ

次にシャンプーなのですが、シャンプーをする時は絶対に爪を立ててはいけません。
また、シャンプーの液体を直接頭皮に馴染ませるのもNGです。
これをしてしまうと、シャンプーが落ちにくくなってしまうからです。
面倒でも一度シャンプーを泡立てて泡を使って頭皮の汚れを落としましょう。

 

しっかりな洗い流そう

そしてシャンプーの漱ぎはシャンプーをした時間よりも
長い時間をかけてしっかりと落としましょう。
漱ぎ落としが多いのはおでこの生え際・耳の後ろ・襟足となります。
3分以上じっくりと頭皮や髪の毛をすすぎます。

 

タオルドライが重要

そして、タオルドライも注意が必要です。
タオルでゴシゴシと髪の毛を拭いているとキューティクルが剥がれて
髪の毛が痛んでしまうためタオルでポンポンと優しくタオルドライをしましょう。

 

育毛剤は適量を塗布

そして育毛剤は適量を塗布します。
髪の毛ではなく、地肌に馴染ませるのがコツです。
塗布後、軽く頭皮マッサージをする感覚で馴染ませていきます。
この頭皮マッサージは血行を促進する効果も持っています。
使用量を守らないと育毛剤本来の効果を発揮できない上に
逆に毛穴を塞ぎ頭皮トラブルを招いてしまう事もあります。
また、使用する時間帯(朝・夜など)や使用する期間
(多くの育毛剤は三ヶ月から半年が目安)となるので
こういった使用法を守るのも正しい育毛剤の使い方、となります。