酢酸DL-a-トコフェロールとは

酢酸DL-a-トコフェロールとは

ビタミンE誘導体の1つの酢酸DL-a-トコフェロール。
これは、植物油から直接抽出して酢酸をつけて安定化させた酢酸-d-α-トコフェロールと、
素材原料を科学的に反応させて作った酢酸dl-α-トコフェロールの2つがあります。

 

育毛剤に使用されている酢酸DL-a-トコフェロールは人工的に作り出した成分の方です。
育毛剤をはじめ、サプリメントやスポーツドリンク、
一般食品にも使用されているこの成分はビタミンEの
1日の摂取量150mlを超えなければ副作用の心配などはありません。

 

ビタミンEは酸化しやすく水に溶けにくい性質を持っていますが
酢酸DL-a-トコフェロールは水に溶けやすい状態にしたビタミンEとして開発されました。
ビタミンEが持つ効果には、体の酸化を抑制する抗酸化作用を持っている他に血行促進、
アンチエイジング効果、成人病予防するといった様々な効果を持っています。

 

育毛剤の中に使われる酢酸DL-a-トコフェロールには、
髪の毛が成長しやすい環境を整えてくれるという効果を持ちます。

 

育毛剤だけではなく、ハンドクリームやスキンローション、薬用化粧品などにも使用されています。
頭皮を清潔にキープする事が出来る成分で、
頭皮環境が荒れている方や不規則な生活をしている方にはお勧めの成分とも言えます。

関連ページ

グリチル酸ジカリウムとは
育毛剤の成分に使われるグリチル酸ジカリウムについて説明します。
クララ根エキスとは
育毛剤の成分に使われる、クララ根エキスについて説明します。
センブリエキスとは
育毛剤の成分に使われるセンブリエキスについて説明します。
ジフェンヒドラミンHCIとは
育毛剤の成分に使われるジフェンヒドラミンHCIについて説明します。
キャピシルとは
育毛剤の成分に使われるキャピシルについて説明します。
ピディオキシジルとは
育毛剤の成分に使われるピディオキシジルについて説明します。