栄養障害による薄毛とは

栄養障害による薄毛とは

栄養障害による薄毛とは

 

脱毛の原因として男性型脱毛症、円形脱毛症など様々な症状があり、
原因も人それぞれであるために薄毛の対策はインターネット上に数多く広まっています。
今回はその薄毛の原因の一つである栄養障害による脱毛について説明します。

 

栄養障害による脱毛とは髪が細く、弱くなったり、
コシやハリが無くなってしまったりし、最終的には薄毛になる症状です。

 

発展途上国などで多く、日本ではめったにない症状なのですが尽きることなく報告されています。
この栄養障害による脱毛が起こる原因として、いくつか考えられ、一つが摂食障害によるものです。

 

心理的ストレスやコミュニケーションの不全など精神的なものが原因で引き起こされる摂食障害によって
十分な栄養がとれず、それによって毛髪の育成に必要な栄養が足りなくなり、薄毛になります。

 

もうひとつの要因は無理なダイエットによるものです。
一つの食品しか食べないなどの偏ったダイエットをしてしまうと
栄養が足りなくなり脱毛してしまうことがあります。
これらの症状が主なものですが、この栄養障害による脱毛は時間はかかってしまいますが、
きちんと栄養を摂ってあまりストレスを感じないように生活をする事で改善することが報告されています。

 

偏った食生活や無理なダイエットは薄毛の原因ともなりうることを心に留めておいてください。

関連ページ

男性型脱毛症(AGA)(若ハゲ)とは
男性型脱毛症、通称AGA(若ハゲ)について説明します。
皮脂分泌過剰による脱毛(脂漏性脱毛症)とは
頭皮の皮脂による薄毛になる脂漏性脱毛症について説明します。
薬が原因の薄毛
薬が原因の薄毛について説明します。
牽引(けんいん)性脱毛症とは
女性がよくなる薄毛の一つ牽引(けんいん)性脱毛症について説明します。
円形脱毛症とは
円形脱毛症について説明します。