薬が原因の薄毛

薬が原因の薄毛

薬が原因の薄毛

 

病気になってしまった時、薬の副作用によって脱毛が起こってしまう場合があります。
そういった脱毛を薬剤性脱毛症といいます。
薬の副作用によって起こる脱毛とは、どういったものなのでしょうか。

 

薬の副作用で脱毛するといえば、抗がん剤が思い付くかと思います。
抗がん剤はがん細胞以外に、
毛母細胞などの分裂が多い正常な細胞も攻撃してしまうことで脱毛が起こってしまいます。

 

これは頭皮だけではなく、全身の体毛に影響が出てしまいます。
毛母細胞が攻撃されている間は発毛されませんが、抗がん剤治療が終わり、
しばらくするとまた毛の再生が始まるので、また毛は生えてきてくれるのです。
個人差はありますが、3ヶ月〜半年程度でほぼ以前の状態に回復されます。

 

副作用によって脱毛が起きてしまうと、気持ちも暗くなってしまい、
精神的に辛くなってしまう人も多くなります。
例え一時的なものだとしても、
見た目が変わってしまうのが目に見えて分かるとショックも大きくなるものです。

 

そんな時は医療用のカツラなどを利用することで、
精神的な負担も軽減させることが出来るのでオススメです。
今では医療用カツラは本当の髪の毛と見分けが付かないほど進化しているので、
カツラと気付かれないことも多いので、ぜひ利用してみましょう。

関連ページ

男性型脱毛症(AGA)(若ハゲ)とは
男性型脱毛症、通称AGA(若ハゲ)について説明します。
皮脂分泌過剰による脱毛(脂漏性脱毛症)とは
頭皮の皮脂による薄毛になる脂漏性脱毛症について説明します。
栄養障害による薄毛とは
栄養障害による薄毛について説明します。
牽引(けんいん)性脱毛症とは
女性がよくなる薄毛の一つ牽引(けんいん)性脱毛症について説明します。
円形脱毛症とは
円形脱毛症について説明します。